詳しくは、お問い合わせ下さい!
墓じまいとは、
 墓じまいとは、管理ができなくなったお墓を処分すること。「お墓が遠くにあるのでお墓参りに行くのが難しくなった」「お墓を継ぐ人がいない」「古いお墓がいくつもあって管理できない」などの理由で墓じまいを考える人が増えています。
墓じまいの手順 
身内、親戚、寺院に相談して話し合う。 まずは、墓じまいをしたい旨とその理由を告げましょう。お墓に入っている先祖の血を受け継ぐ親戚の中には、墓じまいを快く思わない人もいます。そういった場合、強引に推し進めずに、時間をかけてでも説得したほうが良いでしょう。  
1遺骨の行き先を考える
これまで埋葬・埋蔵されていた遺骨の行き先を考えます。別の墓(○○家のお墓)に移動するか、寺院などにある永代供養墓に合葬するか、もしくは海へ散骨するか、大きくわけて3つの選択肢が考えられます。 
2改葬の手続きをする(必要ない場合もあります。)
遺骨を移動することは、正式には「改葬」といい、市区町村の役所が発行する「改葬許可証」がなければ遺骨を取り出すことはできません。
3石材店に依頼する。(弊社基準)
墓じまいをする際には、墓石を撤去し、墓所を整地して更地の状態で管理者(寺院など)へ返却しなければなりません。その工事を依頼する石材店を選びます。石材店は、工事のほかに遺骨を取り出すときの作業も行います。 
 
お墓処分の内訳
 ひと口に、お墓の処分の価格といっても、下記の費用がかかります。見積りを検討する時には、基本費用が、安くても、追加費用が発生場合が多くございます。「これ以上かからない」という、すべてを含んだ総額で検討しましょう。
工事費用  お墓の本体やカロート、外柵、付属品、基礎など、石やコンクリートを撤去工事の費用です。使われている石の量や基礎の大きさによって費用が変化します。 また、お墓の立地により、工事がしにくい場合は、撤去費用が割増しになります。 
処分費用  取り外した石や、コンクリートを処分する費用です。
地域によっては竿石(○○家之墓などと彫刻されている石)は処分せず、供養して頂ける施設(多くはお寺)へ持って行く場合もございます。 撤去した墓石は細かく粉砕の上、適切に最終処分します。 
整地費用   墓石などを撤去した後、墓地を整地する費用です。  
                               もどる